日本人はヒゲが似合わない

日本人はヒゲが似合わない



日本人はヒゲが似合わないブログ:04月16日


減量しながら、
筋肉をつけることって、とっても難しいんですよね。

でも、筋肉が落ちてしまうと、
太りやすい体質になるので、要注意です!

減量をしていくと、
当たり前ですが、体重が減っていきます。

大抵の場合、体重が減ると、
脂肪と一緒に筋肉も減っていってしまうんです。

筋肉を落とさずに、体脂肪だけを減らせれば、
減量しながら
筋肉を維持していくことはできるでしょう。

でも、筋肉は、何もしなければ自然に落ちていきます。
筋肉を維持するためには、体操するしかありません。

鍛える筋肉を変えて、
連日体操するのが理想的です。
無理をしない範囲で体操しましょう。

さらに、筋肉をつけるには、たんぱく質も必要になります。
でも、食べる事からたんぱく質を摂取しようとすると、
相当な量の脂肪も同時に摂取してしまいます…

ですから、
減量しながら、筋肉をつけたい時には、
プロテインを摂取して、良質なたんぱく質だけを摂るようにしましょう。

ただ、
余分なプロテインは結局、脂肪に変わってしまいますから、
決められた量以上のプロテインは摂取しないように!

基本的には、減量している時は、
筋肉はついていきません。
なので、筋肉を維持していくことにポイントを置くようにしましょう。

より筋肉を付けていく時には、増量する時期を設けます。
多少は脂肪も戻りますが、筋肉をつけていくためには仕方ないのです。

食べる事をたくさん食べて、体操して、筋肉を増強していきます。
筋肉がついたら、その後に、
筋肉を維持しながら減量をしていき、
脂肪を落としていくという方向性になるわけです。

おしまい!!!
日本人はヒゲが似合わない

日本人はヒゲが似合わない

★メニュー

わからないことは事前にしっかり確認
脱毛器選びは口コミ情報などをチェック
脱毛器の効果の根拠を確認
日本人はヒゲが似合わない
ヒゲは運動不足や栄養不足が原因
ムダ毛を処理したい部分にクリームを塗る
脱毛サロンに予約をしよう
ヒゲが濃くなってしまう原因
自宅で手軽に使用でき使い方も簡単
肌の弱い人は使わない方が良いでしょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今度は失敗しない脱毛マニュアル